16th day/ kaya. kirsten. and bruno

this is the japanese translation for the uniform project

16日目: かや、カーステン、ブルーノ

こんにちは。ボーイフレンドの両親は、ここで馬を二頭飼っています。私たちはおととい、この馬たちを囲われた敷地の中に放して走らせてあげました。するととても楽しそうに遊んでいました。そのとき、2匹の犬たちもその辺で勝手に走って遊んでいたのですが、突然、かやが一頭の馬カーステンに向かって走り出し、カーステンの後ろ足、真下で激しく吠えだしました。私とボーイフレンドは、急いで彼らに駆け寄りかやを囲いから連れ出そうと必死で名前をよびましたが、かやはあまりにも激しく吠え続けており、私たちの声は彼女の耳に届いていません。それどころか、かやはみるみる激情して行き、ついにカーステンのお腹の下に入り込んでものすごい勢いでカーステンを挑発していました。私たちは、かやのそのポジションに本当に焦り、そしてその瞬間、恐れていたことが起きました。カーステンはかやを追い払おうとジャンプし、その大きな大きな後ろ足はかやの頭めがけて振り下ろされました。その衝撃にかやが短く叫んだ時、何が何でもというふうにボーイフレンドが無理矢理かやを囲いから連れ出しました。かやは、とても興奮しているように見えましたが、私たちはその顔をみて傷がないことに安心すると同時に本当に恐怖を感じずにはいられませんでした。カーステンは、かやと比べて本当に大きい動物です。かやはいくらでも殺されうるサイズです。私たちは、ただただ奇跡的に怪我がなかったこの幸運に感謝しました。かやごめんね、もうちょっと私たちは気をつけているべきだった。けががなかったこと、その後もブルーノとこれまで通り何も怖がらず仲良くしているのを見られて、ほんとによかった。かや。それと、かやが踏まれた瞬間ブルーノが、かやとカーステンに向かって走り出して、カーステンにものすごい勢いでほえ続けているのを、私ちゃんと見たよ、ブルーノ!おまえたち、親友だな。

でもねカーステン、あなたがとてもかわいくて優しいことも、私たちは知っています。どの生き物も、それぞれの生き方でそれぞれの命を生きているという事実を、あなたは教えてくれました。

みなさん今日も読んでくれてありがとう。今日も全員にとって、すてきな一日となるように。輝
today’s outfit: my LBD, overall donated by ebay green, fullmoon badge by akigoto, black shoes

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s